ギュギュギュ(gyugyugyu)の産後に役立つ?

出産後の骨盤ガードルとしてのギュギュギュ(gyugyugyu)

ギュギュギュ(gyugyugyu)の骨盤ガードルとしての効果をもう少し詳しくみてきましょう。





今回はとくに、妊娠・出産のあとで、骨盤のゆがみをなおしたいなぁ。。。と感じている方に焦点をあてます。


じっさい、妊娠・出産のあとは骨盤がゆがんだり開いたりしているものです。


そんな妊娠・出産のあとにはやはりギュギュギュ(gyugyugyu)のような骨盤ガードルといわれるものは使いたいものです。


ただ、どんな骨盤ガードルでもいいのかといえば、そうでもありません。





とくに、出産のあとはデリケートな時期ですし、できれば締め付け具合などは微調整したいものです。



そういった意味では、ギュギュギュ(gyugyugyu)は3段階のホックがついていて微調整ができることと、サイズ自体も、もともとの、Mサイズ、Lサイズ、XLサイズの3種類に加えて、2019年8月に、SサイズとXXLサイズが追加され、全体で5種類のサイズがあるのでサイズ調整はとてもしやすくなっています。


そもそも、出産後って授乳があったり、卒乳があったりそして、慣れない子育てのストレスもあったりとかで、体調もどんどん変わるし、体型も下手するととてもかわります。


だからこそ、ギュギュギュ(gyugyugyu)のように微調整のきく骨盤ガードルがおすすめなのです♪

産後のギュギュギュ(gyugyugyu)使用で注意したいこと

さて、妊娠・出産でゆがんだ骨盤のゆがみを修正するためにと、ギュギュギュ(gyugyugyu)をはじめとする骨盤ガードルに頼るのは重要なのですが、じつはあまり締め付ける力が強すぎるものは逆効果となることがあります。


というのは、あまり締め付ける力がつよいと、もともと備わっている筋肉による引き締める力が弱まってしまう恐れがあるからです。


使わない筋肉って、おとろえますよね。。。


まさにそうしたことが、締付け力の強すぎる骨盤ガードルだとおきてしまう可能性があるのです。





なので、ギュギュギュ(gyugyugyu)のような微調整できる骨盤ガードルが重要なのです。


というわけで、妊娠・出産するまえにこうした補正下着を着用したことがない方の場合はとくに、いきなり強すぎる締めつけ感には注意しましょう。

産後に注意したいギュギュギュ(gyugyugyu)の選び方

さて、ギュギュギュ(gyugyugyu)ですが、妊娠・出産した方が選ぶ際に注意したい点があります。





それはサイズを選ぶ際にしっかりと現状のサイズをはかってそれをもとに購入してほしいということです。


つい、うっかり妊娠・出産前の体型が本来のサイズだからといって、そのサイズを選びがちです。


でもそうした選び方をすると、『締め付きすぎ』なギュギュギュ(gyugyugyu)を選んでしまう可能性があるのです。


もちろん体型が戻ってきたときには、もとどおりのサイズに合わせたものに変えたらいいと思いますが、はじめから、もったいないからといって、妊娠前のサイズを念頭に購入してしまうことだけはしないようにしましょう。


『いまのからだが、大切です。』



※いまなら公式ページでセット売りキャンペーン中




※公式サイトのセット売りが単価は最安値です。



>>ギュギュギュの口コミ(gyugyugyu)に戻る

 

サイトマップ